月別アーカイブ

  • 2017年6月 (1)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (1)
  • 2017年1月 (5)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (6)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (9)
  • 2016年8月 (16)
  • 2016年7月 (2)
  • 2016年6月 (1)
  • 2016年3月 (1)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (4)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (6)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (5)
  • 2015年8月 (14)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (3)
  • 2015年2月 (2)
  • 2015年1月 (8)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年9月 (8)
  • 2014年8月 (11)
  • 各小委員会

    岡山県高等学校商業教育協会


    大きな地図で見る

    〒703-8281
    岡山市中区東山3丁目1-6
    岡山東商業高等学校内

    お問い合わせ

    商業教育の現在

    時代の変化を捉えた商業(ビジネス)教育の推進

    ~新学習指導要領を踏まえた魅力ある取組~

    現代社会は、グローバル化の進展に伴う国際競争の激化、地球環境問題、食糧・エネルギー問題、知識基盤社会の進展など、社会が大きく変化し、一層のボーダレス社会の局面を迎えております。一方、長引く経済不況や規制緩和等による雇用形態の多様化が急速に進展し、生徒の進路希望の多様化と合わせ、商業教育を取り巻く環境は大きく変化しています。

    このような社会環境の変化の中、実社会が商業教育に期待するものは、社会人としての基礎的・基本的な学力やビジネスマナーをはじめ、職業人としての倫理観や遵法精神、グローバル社会に対応できるコミュニケーション能力や課題解決能力を備えた専門的職業人の育成に加えて、職務を遂行する為の機能的なチームワークと積極的に一歩前に踏み出す力、課題解決に向けて考え抜く力などの社会人基礎力、異文化理解・活用力などグローバル社会を見据えた新たな方向性です。したがってこれからの商業教育は、基本的な生活習慣の確立はいうまでもなく、基礎学力と専門知識を確かな学力として身につけ、豊かな人間性を確立し、グローバル人材を育成していくことが必須となります。

    そのためには、これまで以上に産業界との連携や上級学校との接続を密にし、実務体験を通して望ましい職業観や勤労観を育成する教育を積極的に推進していかなければなりません。
    折しも、今年度から学年進行で完全実施される新学習指導要領の職業に関する教科・科目の改定では、将来のスペシャリストの育成、地域産業を担う人材の育成、人間性豊かな職業人の育成を基本として、社会的責任を担う職業人の規範意識や倫理観を身につける観点から科目構成や指導内容の改善が図られており、その目標に合致した教育活動を行っていくことが求められています。

    岡山県高等学校商業教育協会 規約第4条の規定に基づき、次の事項を行います。

    1. 新学習指導要領の趣旨を活かした教育活動の展開
      1. 魅力ある教育課程の実践
      2. 魅力ある商業教育の展開
      3. グローバル人材の育成
    2. 商業教育専門職としての教員の資質向上と意識改革
      1. 教員研修による指導力の向上と専門性の深化(商協レンタルサーバの活用)
      2. 商業教育に関する情報の共有化(商協Webページの充実)
      3. 知識・技能の継承
    3. 商業実務協議会等の諸事業の活性化
      1. 進路を見据えた高度な資格取得への推進
      2. 専門性の深化に伴う各種競技力の向上
    4. 商業教育を学ぶ生徒の学習環境の維持・向上
    5. 広報活動の推進