月別アーカイブ

  • 2018年10月 (3)
  • 2018年9月 (5)
  • 2018年8月 (13)
  • 2018年7月 (1)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (3)
  • 2018年3月 (2)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (5)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (3)
  • 2017年9月 (2)
  • 2017年8月 (12)
  • 2017年7月 (3)
  • 2017年6月 (1)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (1)
  • 2017年1月 (5)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (6)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (9)
  • 2016年8月 (16)
  • 2016年7月 (2)
  • 2016年6月 (1)
  • 2016年3月 (1)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (4)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (6)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (5)
  • 2015年8月 (14)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (3)
  • 2015年2月 (2)
  • 2015年1月 (8)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年9月 (8)
  • 2014年8月 (11)
  • 各小委員会

    岡山県高等学校商業教育協会


    大きな地図で見る

    〒703-8281
    岡山市中区東山3丁目1-6
    岡山東商業高等学校内

    お問い合わせ

    第48回岡山県高等学校商業教育研究大会報告

    平成30年度の商研大会では,高野誠鮮(たかの じょうせん)先生に御講演いただきました。高野先生は,1984年に石川県羽咋市の職員になり,限界集落の米を「ローマ法王献上米」にし,無名の産地を一流ブランド米産地に成長させた方です。その実態は,500人の住民をねばり強く説得し,住民出資による「みんなの会社」を設立,限界集落にオープンした直売所の売上げは1億円を超え,農家の収益は4倍以上にし,「過疎の村を救ったスーパー公務員」としても知られています。
    御講演の中で先生御自身の公務員時代を振り返りながら話された,公務員の役所的思考(「できない」ことを考える)ではなく,「できない」と思われることに挑戦すること,「できない」のは当然のこと,当たり前,「できたら」うれしいという言葉にハッとさせられました。この講演を通して,常識に捉われない見方,分析力,絶対諦めないメンタル,実行力,何よりもどうやったらできるかしか考えていない情熱には共感し,何事もチャレンジすることの大切さを再確認させていただきました。

    期 日 平成30年8月20日(月) 10:00~16:30

    会 場 ピュアリティまきび

    テーマ グローバル社会へ対応し、地域創生・地域活性化を目指す商業(ビジネス)教育の推進

    日 程

    1 開 会 あいさつ 理事長  岡田 哲朗

    2 講 演 演題「スーパー公務員の失敗履歴」  講師 妙法寺 住職 高野 誠鮮 氏

    3 分科会
    <教育課題研究委員会>
    ○テーマ 「社会の変化に対応した商業(ビジネス)教育の推進 ~グローバル人材の育成と地方創生の視点から~」
    ○内 容
    ・各校での取組事例の紹介
    ・シンガポール研修参加者の追跡調査結果報告
    ・グループ協議

    <会計分野研究委員会>
    ○テーマ 「魅力ある会計のアプローチと展開 ~思考力・判断力・表現力を育成するために~」
    ○内 容
    ・簿記の第1時間目をどう取り扱うか
    ・新学習指導要領の施行に向けて
    ・英語表記と思考力を育むための教材開発

    4 情報提供 「新学習指導要領について」
    岡山県教育庁高校教育課職業指導班  総括主幹  佐柳  勇 様
    岡山県総合教育センター 情報教育部 指導主事  伊藤 稔文 様

    5 閉  会 あいさつ 副理事長  村上 洋之