月別アーカイブ

  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (3)
  • 2018年9月 (5)
  • 2018年8月 (13)
  • 2018年7月 (1)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (3)
  • 2018年3月 (2)
  • 2018年2月 (6)
  • 2018年1月 (1)
  • 2017年12月 (5)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (3)
  • 2017年9月 (2)
  • 2017年8月 (12)
  • 2017年7月 (3)
  • 2017年6月 (1)
  • 2017年5月 (1)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (1)
  • 2017年1月 (5)
  • 2016年12月 (5)
  • 2016年11月 (6)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (9)
  • 2016年8月 (16)
  • 2016年7月 (2)
  • 2016年6月 (1)
  • 2016年3月 (1)
  • 2016年2月 (1)
  • 2016年1月 (4)
  • 2015年12月 (6)
  • 2015年11月 (6)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (5)
  • 2015年8月 (14)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (3)
  • 2015年2月 (2)
  • 2015年1月 (8)
  • 2014年12月 (5)
  • 2014年11月 (5)
  • 2014年10月 (3)
  • 2014年9月 (8)
  • 2014年8月 (11)
  • 各小委員会

    岡山県高等学校商業教育協会


    大きな地図で見る

    〒703-8281
    岡山市中区東山3丁目1-6
    岡山東商業高等学校内

    お問い合わせ

    第24回岡山県高等学校生徒商業研究発表大会について

    8月6日(水)に山陽新聞社「さん太ホール」にて標記大会が盛大に開催されました。
    県下9つの商業教育協会加盟校が参加し、商業を学ぶ生徒たち約100名が出場して平素の研究実践の成果を報告し互いの見分を広げることができました。
    結果等は次のとおりです。


     【優秀賞(成績順)】

    岡山県立岡山南高等学校
    「ひめの恵で拓く明日~日本で最も美しい村’新庄村’の未来創造プロジェクト~」

    岡山県立岡山東商業高等学校
    「キャリアデザインとしての取り組み『繋がり』~商品開発から販売促進まで~”人、企業、地域、そして・・・”」


     【佳良賞】

    玉野市立玉野商業高等学校
    「ソーダ!UNOICHIへ行こう!~高校生のシティセールス~」


     【奨励賞(発表順)】

    岡山県立倉敷商業高等学校
    「地元コピーで sales promotion ~『記念日の聖地 倉敷』に肖って~」

    岡山県立津山商業高等学校
    「天神人形復活」


    【その他の出場校(発表順)】

    岡山県立玉島商業高等学校
    「地域資源を活用した玉島の活性化」

    岡山商科大学附属高等学校
    「商品開発と観光振興に関する一考察 -コットンボールの商品化と改良を通して-」

    岡山県立笠岡商業高等学校
    「Mow More Project!~谷本牧場との出会い~」

    岡山県立高梁城南高等学校
    「雲海の城~伝えたい高梁の美~」


      【大会について】
     この大会も今年で24回を数え、伝統のある大会に育ってきました。商業に関する課題を生徒が自ら見つけ、その問題解決をはかるため、仮説から企画、実践、検証へと進めながら次なる課題を更に考えるという難しいテーマを持つ標記大会に岡山県内で商業を学ぶ高等学校のうち例年10校前後が出場しています。
     今年の大会も昨年に引き続き各校レベルアップがはかられており、大変に見どころの多い研究が多かったという印象でした。商品開発を柱にしながら地域の活性化を高校生の視点から追求する姿勢や取り組みが今年も多かった一方、地域イベントの運営に携わった学校、地域の観光資源が生かされていないことの問題点や提言をまとめた学校など、出場校すべてが「地域」をテーマに具体的な実践を行っていました。こういった取り組みは、これからの日本、地域社会になくてはならないものです。グローバル化が叫ばれ、日本人も国際的な視点を養わねばなりません。しかし、真のグローバル化は地域を見据えてこそ、という話も多く聞かれるようになっています。自分の生まれ育った地域に思いを馳せ、調べ、学び、知ることで、様々なことに気付ける力が、真のグローバル社会を生き抜く力となる。このことに多くの国や人々が気付きはじめているのです。この点からもこの大会の意義が時代のニーズ・流れに沿い、必要とされる所以ではないでしょうか。
     さて、9月19~20日に鳥取県米子市で中国大会が予定されており、県代表として岡山南高校、岡山東商業高校が出場権を獲得されました。短期間ではありますが、更に研究を深めていただき、11月北海道旭川市で開催予定の全国大会へ中国地区代表として出場されることを祈っています。